基金支援事業

基金支援事業の概要


KSPO(国民体育振興公団)は、内外における厳しい状況の中でも競輪、競艇、スポーツトト事業を行い、国民体育振興基金を造成しています。なお、造成基金を持って生活体育の育成、専門体育の育成、障害者体育の育成、国際体育交流の増進およびスポーツ産業の育成などの多様な事業分野支援しています。

KSPO(国民体育振興公団)は、競輪、競艇、スポーツトトの事業で造成した国民体育振興基金を多様な体育振興事業へ支援することで国民がスポーツ福祉を受けられる環境作り先頭に立っています。

国民体育振興基金は、1989年から2012年まで生活体育の活性化、専門体育の育成、国際体育の交流増進およびスポーツ産業の育成を目的とする多様な事業に総45,138億ウォンを支援するなど、国家体育財政において大きな役割担っています

2013年にはスポーツ福祉に対する国方々の高い期待を反映し、基金としては歴代最大規模の8,884億ウォンを支援する計画を立てています。


今後もKSPOは、基金支援事業をより効率的に遂行し、スポーツを通して国民が健康で幸せに生きていけるように努力します。