体育振興/文化産業

ソマ美術館


自然と共存する都心中の芸術休憩所-ソマ美術館

 

2004年、国民体育振興公団は1988年のソウルオリンピックの文化的な成果を再照明することで、世界5大彫刻公園の一つである、約1,500,000緑地を誇るオリンピック公園内で延べ面積10,191に地上2階建てのソウルオリンピック美術館を開館しました。

そして、2006年の春、自然と共存する疎通の美術館という新しいミッションとビジョンを持って、ソウルオリンピック美術館をソマ美術館(SOMA_Seoul Olympic Museum of Art)と改称し、改めて再開館しました。

ソマ美術館は、オリンピック彫刻公園内にソウルオリンピックを記念するための国際野外彫刻シンポジウムおよび、国際野外彫刻招待展に参加した66カ国155作家の作品を含め、現在は優秀な作家の現代彫刻作品219点を所蔵しています。

 

なお、ソマ美術館は国内外の美術発展に寄与する目的を持って、現代美術の談論および、批評的争点を盛り込むために多様なジャンルにわたる同時代の美術作品を深層的に照明する展示会を定期的に企画しています

そして、美術館内韓国最初にドローイングセンターを設立、新しい概念のドローイングアーカイブを構築すると同時青年作家育成一役っています

そのにもオープンされた文化空間として学界連帯、社会奉仕及成人子供する教育プログラムをして現代人文化的欲求たすことで、私達人生かにする社会文化機関としての役割充実履行しています

The Person in Charge
The Person in Charge 기념사업팀이광자02)410-1357